ストラクチュラル・インテグレーションについて

体験談

施術者一覧

ギルド・フォー・ストラクチュラル・インテグレーション

ギルドの使命

アイダロルフの歴史

スタッフ



クラスとワークショップ

スケジュール

問い合わせよくある質問


プリリクイジット(準備)コース

ギルドのプリリクイジット・コースは、解剖学、生理学、マッサージを詳細に亘って、集中的・包括的に習得します。生徒個人の集中的な予習と授業j時間外の実技訓練を含め、この4週間はギルドのベーシック講座を受ける生徒にとって独特な経験となります。解剖学、生理学はストラクチュラル・インテグレーションの観点から学びます。私たちのボディーワークの練習は生徒がクライアントの身体を一人の人間として接することに慣れるように、基本的・総合的な全身のマッサージから始められます。その後他の主だったボディワークや筋膜へのアプローチを紹介し、ベイシックコースへの準備をします。その他の時間は、心身の統一性の概念、施術の際のクライアントとの関係、倫理的な考慮などの学習に費やされます。このコースは主に初心者のためのものですが、上級者の方にも役立ちます。私たちは、このコースからスタートすることを強く薦めます。(530時間)

このクラスを受ける前にAnatomy Coloring Book (解剖学のぬりえ)を終えることを義務付けています。入学者には事前に読んでおくべき書籍のリストなどの必要事項が送られます。入学前の予習に数ヶ月間をかけることはめずらしくありません。入学前に解剖学、生理学のコースを受けておくことを強く薦めます。事前に申し込みが必要ですので、GSIに直接電話をするか、メールでお問い合わせください。


ベイシック講座

アイダロルフ博士による10セッションの原理理念と技術の習得がギルドのベーシック講座の核となります。ベーシック講座は前後半の2つの段階からなります。オーディティング・クラスとプラクティショニング・クラスです。

各段階は8週間続けて行われ、各クラスのはじめに1週間の包括的な解剖学の授業が組み込まれます。続けて7週間は集中的にストラクチュラル・インテグレーションを学びます。クラスは週に4日間です。クラスはオーディター(前半の生徒)とプラクティショナー(後半の生徒)からなり、2〜3人の指導者により授業が行われます。各段階のクラスからクラスへの間の期間は少しあけることを薦めますが、そのまま続けて次のクラスへ進む生徒もいます。

ベーシック講座を通して生徒は「見る」という事、つまり重力下での人間の構造や動きを分析・解釈することを学びストラクチュラル・インテグレーションの理論と基本理念の総合的な知識を取得します。加えてS.Iの歴史、発展を学び、この技の修行準備が整うことになります。

オーディティング(Auditing)・クラス(前半クラス)

全ての生徒は「見ること」に集中することから始めます。人間の構造と動きを見るとこはストラクチュラル・インテグレーションにとって欠くことのできない前提条件となります。人間全体を見る方法がロルフ博士の考案したストラクチュラル・インテグレーションの施術者と、その他のボディーワーカーとを分け隔てる、一つの特徴となります。真の視覚というのは簡単に身につくものではなく、おそらく一生涯かかる厳しい訓練が必要です。

この「見る」ということはもっとも難しいことであることは皆承知していることではありますですが、それは施術者として欠くことのできない重要な務めです。ロルフ博士は生徒が実際に施術をする前にこの視覚を養うためにオーディティング・クラスをつくりました。今日、GSIのクラスのオーディターは、セッションを観察し、聴講講義を受け、グループに分かれて討論したり、経験上必要な学習を行います。「施術」はこの段階では行いません。

前半クラスの終わりに個別にインタビューが行われ、教師と経営陣により後半クラスへ進めるかどうかを決定します。この段階で生徒の進み具合とこれからの学習に必要なことについて話し合われます。生徒が次のクラスへ進めるかどうかもここで判断されます。(264時間)

プラクティショニング(Practitioning)。クラス(後半クラス)

オーディティング・クラス(前半クラス )を首尾よく終えた生徒は後半クラスで施術の実習に入ります。ストラクチュラル・インテグレーションのクラスの中で生徒はモデルに基本の10回シリーズのセッションを実際に施術していきます。このクラスでは生徒同士も基本の10回シリーズの交換セッションを行います。実習は常に指導者により監督されます。このコースを完了すると修了証書が与えられます。


継続的学習講習会 Continue Education Workshop(CE)

継続的学習講習会(CE)はGSIの施術者の進歩と精錬のために欠くことのできないものです。ギルドでは年間を通して各地で講習会を提供しています。アドバンス講座を受ける3〜5年前には少なくとも年に1回程度の講習会を受けることを薦めます。講習会は基本の10回セッションをすでに受けたクライアントに対する3回シリーズのセッションのやり方や、より深い理解の助けとなるように色々な側面から専門的に探求していきます。つまり講座としては、10セッション後の3回シリーズ、脊柱側湾症に対するS.I理念の応用、身体構造の統合においての身体の動きのついての再教育などが含まれます。


アドバンス講座

ギルドのアドバンス講座は6週間のコースでロルフ博士と直弟子であるエメット・ハッチンスとピーター・メルキアが考案したアドバンス1〜5シリーズを習得します。授業の中で生徒は基本の10シリーズの復習もします。この講座はとても力のつく講座です。このコースを受けるための必須条件として少なくとも3年〜5年間のフルタイムでのSIの施術実績と数回のワークショップの経験が要求されます。他の学校の卒業生はCE講習会に参加して許可される必要があります。(192時間)


ストラクチュラル・インテグレーションについて体験談施術者一覧
ギルド・フォー・ストラクチュラル・インテグレーションギルドの使命
アイダロルフの歴史スタッフトレーニング・プログラム
クラスとワークショップスケジュール問い合わせよくある質問
GSI. USA